1. 無料アクセス解析
気が向いた時にしか書けない(描けない)小説やらマンガの進行状況がわかるよ!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「春に咲く花」~月下の城 番外編~
 メイレア姫は祖父から頂いた花の種をまいていた。
 庭師に尋ね、一番日当たりのいい場所を教えてもらうと、スコップで地面を掘り、埋めると水をかけた。

 花の名前は「メイレア」という。孫娘のために母方の祖父が品種改良して作らせた。
 母方の祖父は大国の王で、とても豊かな国らしい。祖国の素晴らしさを一通り話し終えた後、母はいつも不機嫌になる。

 母はどうやら田舎っぽいこの国が嫌いなようだ。
 メイレア姫はこの国しか知らない。だから、比べようがないから、母が嫌がる理由がわからない。

 秋に種をまくと、春には花を咲かせると祖父の手紙には書かれていた。
 どんな花が咲くのかは、咲いてからのお楽しみだそうだ。

「姫様によく似た可憐な花なのでしょう」

 従者のサンソンはメイレア姫に似合う花を思い浮かべた。
 凛とした花より、たくさんの小さな花を咲かせる花。
 色は白か、淡いピンク色。
 見ているだけで優しい気持ちになれる。
 そんな花がメイレア姫には似合うとサンソンは思う。

「どんな花でもいいわ。おじい様が私のためにと思って作ってくださったのだから」

 人を思いやるメイレア姫の優しい言葉に、サンソンは目を細めた。

「咲くのは、春ですね」
「まだ、まだ先ね」

 寒い季節を越えた後、花が咲くのだ。
 花が咲いたら、絵に描いて、祖父に送るつもりだ。

「楽しみね。サンソン」

 メイレア姫は微笑みかけた。
====================================================================================


先日アップしたいすずさんからいただたイラストから、こんな話を考えてみました。(・∀・)


ギンとの結婚が決まる前の姫さんとサンソンです。
作中は暗いので、少しは明るい感じの話をと思い、書いてみました。
じいさんも、かわいいメイレアにはでれでれなのかもしれません。

さて、「メイレア」花を二人は見れたのでしょうか???

それは、最終章後のお楽しみというわけでw。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

No title
春が楽しみになるような、暖かいお話ですね。メイレア姫が人間でないものにも優しく出来るのは、心根のよさなのでしょうね。素敵なお話を見せてくださってありがとうございました。そしてイラストも掲載くださってありがとうございます。今後もお話の続きを楽しみにしていますね!
いすず | URL | 2010/01/25/Mon 17:34 [編集]
いすずさん

読んでくださいましてありがとうございました(;つД`)

姫さんは、好奇心が旺盛なのではないかと思います。
だから、半獣人も受け入れられたのではないかと思いますw。

手を加えたかったのですが、話が長くなりそうなので、断念しました。
サンソンの心境とか書いたほうがよかったのかもしれませんが、
まぁ、脇役なのでいらないかと思ったりw。

こちらこそ、素敵なイラストありがとうございました!!!
コスギマユ | URL | 2010/01/26/Tue 21:09 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ダラックス~年中冬眠中~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。