1. 無料アクセス解析
気が向いた時にしか書けない(描けない)小説やらマンガの進行状況がわかるよ!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別の話を考えることで逃避中
早く書かなきゃならないものが、どーも進まんので、違うことを考えて紛らわせてみました。(´▽`*)

別名義で書いている話のあらすじでございます。
乙女受けをしようと目論み、「美形」「婚約者」「恋」をキーワードに作っています。

さて、以下の通りに進むのだろうかw。現在、八行目までしか進んでないです。(・∀・)
アデルはまだチャーリーと出会っていないw。

==================================================


 大陸から離れた島国の新興国ウィンランド王国の王女アデルは、何不自由なく育っていたが、弟のアベルが生まれ、弟ばかりちやほやされるのに我慢ならなかった。アベルは王位継承者であり、自分にはないと知った、彼女は両親も必要でないと思っているのではないかと考えた。
 夜な夜な泣き叫ぶアデルに困り果てた父王は、娘のことを考えながらも、大陸との縁を強固にするために、古き王国の第二王子であるノエルをアデルの婚約者として迎える。
 十歳年上の美貌の青年に一目で恋をしたアデルは、十年後迎えに来るとの約束を信じ、その日が来るのを待っていたが、二ヵ月後、ノエルの国でクーデターが起こり、彼は処刑されたと知る。
 絶望に打ちひしがれながらも、ノエルを忘れられずに生きていたアデルは、十年後、母妃の元を訪れていた古美術商のチャーリーと出会う。彼はノエルとそっくりであったが、一つ決定的に違うのは毒を含んだように笑うところだった。

 ノエルとの約束の日、アデルは庭に出て、彼のことを思い出しながら、シンシアの木を見ていた。
 やがて、チャーリーが現れた。彼はこの国にしか咲かない花を見詰めながら話し始めた。この花が咲く頃に迎えにいくといった少女がいることを。話しているうちにチャーリーがノエルであるとわかる。
 処刑されたのは、ノエルの影武者であったチャーリーだった。彼がノエルとなり、時間稼ぎをしている間、ノエルは国外へ脱出した。
 
 大陸を炎で焼く尽くした巨人の所在地を示すものと起動させるものがノエルたちの王族に伝わっている。
 衰退していく王国を憂いた過激派が、巨人を使い、大陸の覇権を握ろうと目論んだ。
 大陸の焦土を望まない反対派は、鍵となるものをカノンとノエルの兄弟の背に彫り写した。
 カノンは東へ、ノエルは南へ逃亡する。
 カノンは背に描かれたものが巨人のありかを示すものだと隣国王に教えることで、いち早く身の安全を確立させた。ノエルは長い逃亡の末、辿り着いた小さな国で商いをしているところをアデルの父王に見つけ出されたのだった。
 ノエルがウィンランド王国へ呼び出されたのは、ノエルまでもカノンの亡命先の国の手に落ちれば、大陸の覇権が変わるからだ。
 カノンとノエルの二人の兄弟は二つの国に利用されようとしている。そのことについてアデルはノエルに聞いたが、国を亡くした自分たちが何もいえない。抵抗はしない。全ては大きな流れに任せると告げる。死んだノエルのことは忘れて、己の幸せを見つけたほうがいいといい、チャーリーは去っていった。

 やがて彼は父王と共にカノン元皇太子が亡命した国へと行く。アデルも無理をいってついていく。

 カノンとノエルは再会した。カノンはノエルの背にある巨人のありかを記したものを渡せと要求する。ノエルはあっさりと渡す。
 互いの背にあったものを宝玉へと写す作業が終わり、ベッドの上で寝ているノエルにアデルがなぜ渡したのかと問い詰めるが、「君には身を引き裂かれる思いをしたことがないだろう?」といわれたアデルは激怒する。
 ノエルが死んだと知り、どんな思いで今まで生きてきたのかと思いをぶつけると、ノエルは考えを改める。
 ノエルは部下にノエルが生きていることを広め、混乱させよと命ずる。
 城内を抜け出し、炎の巨人の眠る場所へと行く。巨人を起動しないように壊す。
 後をつけてきた父王が、ノエルに要求する。
「ノエル王子が生きているとなれば、娘の婚約はどうなるのだろうな?」
 ノエルは再び告げる。「一年後、迎えに行きます」

 一年後、シンシアの花が咲く庭にて、着飾ったアデルの前にノエルは現れた。
 たった一つの夢を夢見続け、幾夜を過ごしたアデルの夢がようやくかなったのだった。

==================================================

ハッピィエンドでございますよ(・∀・)
でも、おとん、ノエルは元王子で、もう権力もなーんにもないのだよ?
何にもないノエルに大事な娘を嫁がせていいのかね?
いや、もしかして、婿養子に迎える気かもしれんw。

最近の私の話の傾向は、気の強い女子とヘタレ男子みたいですw。
黙って俺について来い! な男子は書けないようですw。

明日から土曜までまたお仕事ですよ(´∀`*)
残業たんまりあるのかな! きっとある……。(;つД`)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ダラックス~年中冬眠中~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。